お知らせ

宇都宮大学COC+事業(平成27年度~令和元年度)

宇都宮大学は、平成27年度に文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」の採択を受け、地元と在学生を繋ぐ取組みを5年間にわたり実施してまいりました。ご協力いただいた皆様に、心より感謝申し上げます。 このたび、補助期間終了にあたり、本ウェブサイト「18歳からのとちぎ仕事学」の以下のコンテンツをアーカイブとして保存いたしますので、ご活用いただければ幸いです。 ・【学生取材記事】センパイに聞く!とちぎで仕事 ・【学生取材記事】とちぎの働く現場訪問 ・【コラム】教職員が綴る「とちぎの話」 ・【お知らせ】過去のイベントレポート等 本事業のこれまでの取組みについては、事業報告書をご覧ください。https://cocplus.utsun...

つづきを読む

宇都宮大学COC+事業報告書を公開します

宇都宮大学COC+推進室では、5カ年の事業の取り組みをまとめた冊子を制作しました。文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」を活用し、栃木県をはじめ、県内外の連携機関や参加大学の皆様と協働しながら、平成27年度から若年層の地元定着に着目した「輝くとちぎをリードする人材育成地元定着推進事業(COC+)」を展開して参りました。 本事業の最終の取組として制作した冊子の趣旨は、単にこれまでに事業報告というだけではなく、教育カリキュラムのコア科目として展開してきた「とちぎ仕事学」や、毎年1回開催してきた、地域の社会人のみなさなと在学生が一緒に「地域づくり」と「生き方」を考えるセミナー「対話と思考の場、その第4回として昨年12月に...

つづきを読む

宇都宮大学COC+最終シンポジウム開催レポート

2019年12月7日、宇都宮大学大学会館2階・多目的ホールにおいて、COC+最終シンポジウム「『とちぎ仕事学』を通して考える これからの時代の地域づくりと私の生き方」を開催し、約100名の方にご来場いただきました。 来場者は、学生や大学関係者のみならず、公務員の方や企業にお勤めの方、県内各地で何らかの地域活動をされている方などが多くいらっしゃいました。事後アンケートにて参加したきっかけを尋ねたところ、「地域づくりや地域活性化に興味があった」と答えられた方が最も多く、取り上げたテーマや講師等に関心を持って参加された方も多くいらっしゃいました。 このシンポジウムは、過去に3回開催してきた、社会人と学生がともに学ぶセミナー「地域づくりと生...

つづきを読む

平成30年度宇都宮大学卒業生へのアンケート調査結果

COC+部門では、平成30年度、進路が決まった宇都宮大学の卒業予定者に対し、就職等に関するアンケート調査を実施しました。調査方法は、UUキャリアナビの進路決定届に追加で設問を設けて行いました(期間:平成30年4月1日~平成31年2月28日)。アンケート回答者は、学部生が347名、院生が171名の計518名でした。ご協力下さった卒業生の方々、大変ありがとうございました。回答者の学部・専攻や性別の内訳については、この記事の最後に掲載します。 さて、このアンケートでは、①学生のインターンシップ事情、②就職活動について、③栃木県内での就活の印象について調査しました。 在学生の皆さんの参考になればと思います。 なお、本アンケートの回答者は一部...

つづきを読む

宇大生が「とちぎ」を伝える「しーたす!」完成

オトナ目線では、学生の皆さんに伝えたい 「とちぎのアレコレ」は、いろいろあるけれど、 そもそも、学生の皆さんの視点からみた 「知りたいとちぎ」 「深掘りしたいとちぎ」 「実はよく知らないとちぎ」って、どんなことだろう? そんな命題から始まった、学生目線で宇都宮大生が企画、取材、編集して 「とちぎ」を伝えるフリーペーパー制作プロジェクト。 夏にいちど、公式FBで途中の状況をお伝えしていますが このたび、無事に完成し、大学内の生協やラーニングコモンズ、 近隣のお店などで配布を始めています。 地域の皆さんも、ぜひお手にとってご覧いただけたら幸いです。 大学祭でも編集メンバーが関わっているテントで配布をしたので、 目にした方...

つづきを読む

9/30(土)・10/1(日)実施 「フィールドワーク&ワークショップ合宿 “地元で生きる”を考える@足利」レポート

 秋晴れとなった9月30日(土)・10月1日(日)に、栃木県を代表する観光資源である「フラワーパーク」や「足利学校」を有する足利市で、フィールドワーク&ワークショップが開催されました(主催:宇大COC+事業、共催:足利市)。宇大生だけでなく、東京や東北、北関東から参加した12名(学生6名、社会人6名)は、市街地チーム・新駅チーム・名草チームの3チームに分かれ、初日は夕刻まで3地区のフィールドワークを行いました。  夕刻宿泊先でもある足利市研修センターに戻り、夕食後は、足利にUターン、Iターンした20代・30代木村勲武さん、山下彩華さん、永井健太さん3人の活動を“円”になって聞き、対話をしながら、「地元で生きる」ことの意味を考え、地域...

つづきを読む

とちぎで働くこと・暮らすことを考えるときに。

とちぎで働く環境の全体像と、働くための情報の探し方、暮らし方をQ&A形式でお伝えしていきます。 下線部には、外部サイトへのリンクが貼ってあります。情報の窓口としてご活用ください。 なお、この記事はH28年度時点の情報となりますこと、ご了承ください。

つづきを読む