お知らせ

宇大生が「とちぎ」を伝える「しーたす!」完成

オトナ目線では、学生の皆さんに伝えたい 「とちぎのアレコレ」は、いろいろあるけれど、 そもそも、学生の皆さんの視点からみた 「知りたいとちぎ」 「深掘りしたいとちぎ」 「実はよく知らないとちぎ」って、どんなことだろう? そんな命題から始まった、学生目線で宇都宮大生が企画、取材、編集して 「とちぎ」を伝えるフリーペーパー制作プロジェクト。 夏にいちど、公式FBで途中の状況をお伝えしていますが このたび、無事に完成し、大学内の生協やラーニングコモンズ、 近隣のお店などで配布を始めています。 地域の皆さんも、ぜひお手にとってご覧いただけたら幸いです。 大学祭でも編集メンバーが関わっているテントで配布をしたので、 目にした方...

つづきを読む

9/30(土)・10/1(日)実施 「フィールドワーク&ワークショップ合宿 “地元で生きる”を考える@足利」レポート

 秋晴れとなった9月30日(土)・10月1日(日)に、栃木県を代表する観光資源である「フラワーパーク」や「足利学校」を有する足利市で、フィールドワーク&ワークショップが開催されました(主催:宇大COC+事業、共催:足利市)。宇大生だけでなく、東京や東北、北関東から参加した12名(学生6名、社会人6名)は、市街地チーム・新駅チーム・名草チームの3チームに分かれ、初日は夕刻まで3地区のフィールドワークを行いました。  夕刻宿泊先でもある足利市研修センターに戻り、夕食後は、足利にUターン、Iターンした20代・30代木村勲武さん、山下彩華さん、永井健太さん3人の活動を“円”になって聞き、対話をしながら、「地元で生きる」ことの意味を考え、地域...

つづきを読む

とちぎで働くこと・暮らすことを考えるときに。

とちぎで働く環境の全体像と、働くための情報の探し方、暮らし方をQ&A形式でお伝えしていきます。 下線部には、外部サイトへのリンクが貼ってあります。情報の窓口としてご活用ください。 なお、この記事はH28年度時点の情報となりますこと、ご了承ください。

つづきを読む

宇大生がおススメするとちぎ

明日からGWですね。帰省する学生の皆さんも多いことと思います。 周りに好評だったとちぎのお土産など、宇大生のアンケート結果を紹介したいと思います。 「宇大生がおススメするとちぎ」は以上です。 長らくお待たせいたしました。 アンケートにご協力くださった宇大生のみなさま、ありがとうございました。...

つづきを読む

2月16日実施 ワークショップ『対話と思考の場「地域づくり×生き方」の意味を問う』 レポート

 去る2月16日に宇都宮大学COC/COC+主催のワークショップ『対話と思考の場「地域づくり×生き方」の意味を問う』が行われました。  メインゲストのファシリテーター2名とともに、学生と社会人の参加メンバー皆でテーマについて考え、とても充実した時間となりました。  その様子をご紹介します。(地域連携教育研究センター 准教授/大森 豊) 1.企画の趣旨  「地方創生」という言葉が日本中を飛び回り、「急いで何かしなくちゃ!」という不安な思いに駆られて多くの人がワチャワチャ動いているように感じます。急流に飲みこまれて、まだ見えてはいないけど、この先に大きな滝があるのではなかろうか・・そんな感じ。  こんな時にこそ立ち止まる勇気を持ち...

つづきを読む