これから出会う、学び 繋がり 働き 暮らす、栃木。

これから出会う、学び 繋がり 働き 暮らす、栃木。 大学時代を過ごす「とちぎ」をフィールドに、「仕事」を通して、社会での自分の居場所と役割について考え続けていくためのウェブマガジン。

これから出会う栃木―とちぎを知るガイダンス アンケート報告

vol.27

「これから出会う栃木―とちぎを知るガイダンス アンケート報告」宇都宮大学には、北から南から、各地にふるさとをもつ学生が集います。1年次の新入生セミナーで開催してきた「とちぎを知るガイダンス」で、栃木はどう受け取られていたでしょう?

栃木と漆・漆芸・工芸

vol.26

「栃木と漆・漆芸・工芸」みなさんは、伝統工芸と言えば何を思い浮かべますか? 栃木県には、どのような産地があるでしょうか。今回は、ウルシ(漆)の木の樹液を用いる漆工芸について、教育学部(美術)の松島先生が教えてくださいます。

とちぎの隠れた名産品、香り高き『ゆず』

vol.25

「とちぎの隠れた名産品、香り高き『ゆず』」いちごのように、あまり目立つ主役になることはないですが、料理やお菓子の素材として重宝される、存在感が大きい果実。栃木の「ゆず」について、工学部の長谷川光司先生が語って下さいました。

よそ者が感じた栃木の食あれこれ

vol.24

「よそ者が感じた栃木の食あれこれ」栃木の食べ物と言えば何を思い浮かべますか? 食生活学や食育がご専門の大森先生が語る「栃木の究極のエコクッキング」とは?

とちぎヤマビル研究事始め

vol.23

「とちぎヤマビル研究事始め」秋風が心地よい季節になるとハイキングや登山を予定する人も多いのでは? 今回は、そんな時に出会いたくない「ヒル」のお話を、農学部の逢沢先生から。

ユネスコ「世界記憶遺産」と朝鮮通信使、そして栃木

vol.22

「ユネスコ「世界記憶遺産」と朝鮮通信使、そして栃木」国際的な観光地であり、歴史的な土地である、日光。今回のコラムでは、朝鮮半島との繋がりについて、とても興味深いことが…。

とちぎに根付いたグンマーからみた栃木のエスニックな魅力

vol.21

「とちぎに根付いたグンマーからみた栃木のエスニックな魅力」峰と陽東…2つのキャンパスを持つ宇大。今回は陽東キャンパスから“とちぎに根付いたグンマー”上原伸夫先生のコラムです。