お知らせ

4月10日(火)開講|H30年度前期 「地域編集論-地域振興と情報発信」

地域づくり、まちづくり。

ウェブや動画、冊子などのメディアを作って情報を発信すること。

この2つの領域に関心がある人はもちろん、
「ただ聞くだけじゃくて、講義室にいながら「活動的」な授業を受けたい」

という学生のみなさんへ。
2年目の「地域編集論」をご案内します。
H30授業チラシ画像.jpg

◎H30年度前期 基盤教養総合領域選択科目 15週2単位 
◎火曜日7/8時限 14:30−16:00 コモンズ2
◎担当 地方創生推進機構COC+推進室 簑田理香


この授業は
「編集的思考」にもとに、適切で健全な地域振興/地域づくりの適切なあり方を探求する授業です。
 
情報を集めて編む「編集」という活動は、紙媒体やネットなどのメディア制作のみならず、その考え方と技術が、さまざまな社会活動の中で有用なものとして理解され、思考法の1つとしても活用されています。
県内地域および日本各地で、さまざまな形で行われている地域振興の施策(行政主導・民間主導・官民協働)について、「現状認識:地域理解〜企画立案〜実施・運営〜総括」というプロセスと、それに沿う「編集と情報の共有・発信」の事例研究を行いながら、地域にとってより良い「地域振興/地域づくり」と「情報発信」の考え方と手法を探ります。


進め方は
各界の進め方に合わせて、以下の6つを織り交ぜて、全15回の授業を構成します。

1.レジュメを用いた講義、2.講師の取材に基づくスライドによる事例紹介 3.地域発信のプロモーションムービーの視聴や地域自治体などが発行している冊子の事例研究 4.個人ワークとグループワーク 5.グループディスカッションと発表 6.地域振興に携わる自治体や民間若手のゲスト講師による講義

目的は
真摯に地域や地域課題に向き合い、地域の課題を解決していくための企画の立て方や仕組み作りを行うための基礎力の養成を目指します。
15回の内容(予定)
*公開シラバスから一部変更があります。

WEB.jpg