宇都宮大学キャンパスの風景と居場所 宇都宮大学キャンパスの風景と居場所

大学キャンパスは、学生や教職員が一日を過ごす「生活の場」であり、多くの建物や広場がある「小さな都市」でもある。宇都宮大学の2つのキャンパスには沢山の魅力がある。

まず、峰町キャンパス(農学部、教育学部、国際学部)は、95年前(大正11年)に設立された宇都宮高等農林学校を母体とするキャンパス。正門を入ってすぐ右手にある「フランス式庭園」(大正15年)は、農林学校のキャンパスの中心で、造園を学ぶ教材でもあった。そのため近くには、「イギリス式庭園」や「日本庭園」もある。その脇に建つのは、木造の旧講堂の「峰ヶ丘講堂」(大正13年)で、改修されて今では一般利用も可能になっている。隣に建つ「旧図書館書庫」(大正13年、昭和32年増築)は、宇都宮市で産出する大谷石(注1)でつくられている。大正時代の学校教育で一番大切な図書をしまうのは、やはり石造の建築であった(注2)。ちなみに、庭園の歩道や鉢植えも大谷石で出来ていて、地域の素材が建物と呼応したランドスケープになっている。フランス式庭園の正面には、もともと木造の「本館」が建っていた。残念ながら火事で焼失してしまったが(昭和24年)、その後建てられた旧学生食堂を、大学と地域の窓口としてリノベーションしたのが「UUプラザ」(平成24年改修)である。大谷石でつくられた縁側状のコリドーは、建物の基壇として庭園の風景の一部になるとともに、カウンターとベンチでランチやお茶ができる居場所になっている。

次に、陽東キャンパス(工学部、地域デザイン科学部)を見てみよう。こちらは56年前(昭和36年)に設立された宇都宮工業短期大学を母体とするキャンパスで、「1号館」や「2号館」は、鉄筋コンクリート造の白い校舎がブリッジでつながるバウハウス(注3)を彷彿させるモダンな建物である。「8号館」(平成26年改修)(注4)は、耐震改修の際に、内部も今の教育に合わせてリノベーションされた。入口の大谷石の壁面は、石の段がすべて異なる仕上げになっていて、建築や土木を学ぶ学生が、校舎全体を教材として学ぶことできる。校舎の裏手には、東日本大震災で発生した大谷石のがれきを引き取り、学生主体で作った「休憩所」(平成25年)(注5)がある。震災の記憶を留めるとともに、屋根の形は石蔵を模して風景になり、大谷石を積んだベンチが居場所になっている。キャンパスの西側には、見事な桜並木があり、お花見の季節には近所の人や子供達で賑わっている。

このように昔も今も、宇都宮大学のキャンパスでは、地域の素材が使われ、キャンパス自体が教材になっている。キャンパスの「風景」と「居場所」は、今後、都市の一部としてさらに溶け込んでいくだろう。

陽東8号館のエントランスの大谷石壁

フランス式庭園に面するUUプラザのコリドー

震災がれき大谷石の再利用による休憩所

大正時代の峰町キャンパス(1929年 第4回得業記念アルバムより)

注1)大谷石は、フランク・ロイド・ライトが設計した旧帝国ホテル(大正12年)に使 われたことでも有名で、宇都宮の街なかにも石蔵が多く残っている。
注2)旧図書館書庫は、今後の活用が検討されている。
注3)20世紀初頭にドイツに作られた総合的なデザイン学校
注4)宇都宮大学工学部8号館改修,2014年度グッドデザイン賞
http://www.g-mark.org/award/describe/41634
注5)震災がれき大谷石の再利用による休憩所,2013年度グッドデザイン賞
http://www.g-mark.org/award/describe/40388
文|地域デザイン科学部 建築都市デザイン学科 准教授 安森亮雄 イラスト|教育学部総合人間形成課程 田宮知羽
  • vol.03|「本当にやりたいこと」に素直に生きる 坂本靖二さん
  • 農村とフクロウ